Universal Vision
spacer
orange orange orange orange orange orange spacer
spacer spacer spacer
spacer
spacer spacer

“デッドマン”からの教え:官能性と知覚の扉 (英語原文は下にあります。/ English)

私の好きな映画の1つ、ジョニー・デップの“デッドマン”は、実際、変わった映画です。
古いアメリカ西部を舞台にし、本当にワンダラーの物語−地球での、部外者の人生の危機−です。

デップは“ウィリアム・ブレイク”(イギリスの詩人ではありません。)の役を演じます。荒っぽい汚れた男たちで満たされた工場で働くために、終着駅(“マシーン”という町)へ行く優しく穏やかな会計士です。

しかし、彼はその事務仕事をすることができませんでした。戻るためのお金も無く、すぐに、大きな問題に陥ります。逃げ回って、“ノーボディ(Nobody)”という名前のネイティブ・インディアンに出会い、そして共に最終避難場所へと戻ります。

映画の終わりに、‘世界の終わり’についての、ある非常に深い真実が話されます。:

“私が地獄から聞いたように、世界は6000年後にまる焼けになるという古い真理は真実だ。

万物は消滅し、そして無限で神聖なもののようにあらわれる。

今、有限で邪悪なもののようにあらわれているのに対して。。。

これは官能の喜びの向上によって起こるだろう。

‘もし、知覚の扉が清められたなら、
すべてが、それが−無限なもののように−人にあらわれるだろう。‘“


私は地球が焼き尽くされるとは思いません。しかし、大きな変化が訪れようとしていることは、明らかです。
それどころか、その考えは象徴的です。:

‘無知から生まれた誤った心が、(ヨガ、瞑想、真の霊的実践を通して)、
内なるクンダリーニの火に破壊されるとき、
それから、知覚は清められ、神聖な栄光が至る所にみられる。‘

通常の3Dの知覚から、物事や人々の私たちの世界が、有限で邪悪なもののようにあらわれるということは、真実です。
将来、人間の知覚は清められるでしょう。−第4デンシティで、全てが、この神聖な創造物をみるでしょう。
私は、その時はもうすぐ訪れると信じます。しかし、ここではまだです。そして、私たちはそのように見せかけるべきではありません。

けれども、物質的な社会の世界は、混乱した知覚のために、有限で邪悪なもののように、ただあらわれます。
知覚の扉を清めることは、精神的な作業、瞑想、純粋な心の癒しの中心です。
多くの人々がそのことを話します。しかし、その作業を深くする人はほとんどいません。それは、今日の精神的指導者たちを含めてです。

知覚の扉がここ、3Dで清められると、私たちは今、この“無限で神聖なもの”を生きることを始めるのです。

悟りやすべての真の悟りの体験は、無限の神聖な生活との接触と再結合です。
繰り返します。多くの人々がそれを話しますが、本当に理解している人は少ししかいません。−個人的自己は本当の悟りで、消失します。

殆どの人は、創造の偉大さ、素晴らしさ、美しさを滅多に思い出しません。
けれども、壮大な無限の生活は至る所にあります。内にも外にも、目で見てわかるところにです。

そして、どのように人類の将来の目覚めは生じるでしょうか?
上記の教えは、“官能の喜びの向上によって。。。” 生じるでしょうと示しています。

私たちの知覚の扉は、身体と自然、天国と地球への回帰によっても清められます。

しかし、これは、無分別な、肉体的感覚の快楽の探求と同じではありません。−私たちの世界は今日、官能の喜びを愛します。しかし、それから、精神的な目覚めを得ることは殆どありません。戦争と不正が、まだここにあります。

重要な言葉は、“向上” です。−‘向上した’ 官能の喜びとは何でしょうか?

最もよくあるのは、 精神的な文脈の中に置かれた官能の楽しみを意味することのようです。それは一層大きな気づきにより ‘向上した’ものです。

官能の喜びは真の無害(サンスクリット語:“ahimsa(不殺生(ふせっしょう))”、最高度のヨガと見なされています。)に基づきます。
率直なコミュニケーション、共同体の世話、真剣な自己責任と、あらゆるものへの尊重に基づきます。

“デッドマン”の終わりに、ウィリアム・ブレイクとノーボディは、源へ戻り、両方とも天国行きとなります。
この汚れた、偽りと暴力の世界は、もう彼らのものではありません。−最後に彼らは完全に解放されます。

映画 “シリアナ”の終わりに、若いパキスタン人のジハドの戦士の最後の言葉が重要な点を繰り返します。:

“次の世界は真の生活だ、次の世界は真の生活だ。”



そうです。それは真実です。−しかし、もう一度繰り返します。現実/創造の私たちの視覚は知覚の扉によって限られています。

ハート−マインドを完全に浄化し、無限の神聖な世界への回帰を達成した人たちが、ここにいます。−
私たちの間には素晴らしい英雄たちがいます。彼らは寡黙で表に出ない、光を受けて全てを支える光り輝く太陽たちです。


スコット・マンデルカー 
サン・フランシスコ 
2008年5月13日


“Lessons from a “Dead Man”:
Sensuality and the Doors of Perception ”


One of my favorite movies is “Dead Man” with Johnny Depp, which is a strange film, actually.
Set in the old US West, it’s really a wanderer’s tale − an outsider’s life-crisis on planet earth.

Depp plays the role of “William Blake” (not the English poet), a gentle soft accountant, gone to the train line’s end (a town called “Machine”) for a job at a factory filled with rough dirty men.

But his desk job isn’t available, he has no money to return, and soon he falls into big trouble.
On the run, he meets a native Indian named “Nobody” and together they return to final safety.

At the end of the movie, some very deep truth about ‘the end of the world’ is spoken:

“The ancient truth that the world will be consumed by fire
at the end of 6000 years is true, as I have heard from Hell.

The whole creation will be consumed, and appear infinite and holy.
Whereas it now appears finite and corrupt…

This will come to pass by an improvement of sensual enjoyment.

‘If the doors of perception were cleansed,
everything would appear to man as it is − infinite’.”


I don’t think earth will be destroyed by fire, but it’s clear that major changes are coming.

More likely, the idea is symbolic:

‘when false mind born of ignorance is destroyed by inner kundalini fire
(through yoga, meditation, and true spiritual practice),
then perception is cleansed, and divine glory is seen everywhere.’

From normal 3D perception it’s true, our world of things & people appears finite & corrupt.
In the future, human perception will be cleansed − in 4th density all will see this holy creation.
I believe that time is coming soon, but it’s not yet here, and we shouldn’t pretend it is.

Yet, the material-social world only appears finite and corrupt due to confused perception.
Cleansing doors of perception is the heart of spiritual work, meditation, genuine mind healing.
Many people speak of it, but very few do that work deeply, including today’s spiritual leaders.

As doors of perception are cleansed here in 3D, we begin to live this “infinite and holy” now.

Satori and all true enlightenment experience is a contact and re-union with infinite holy life.
Again, many speak of it but few truly understand − personal self disappears in real satori.

For most of us, the beauty, splendor, and grandeur of creation is rarely remembered.
Yet, glorious infinite life is everywhere, inside and out, known by those with eyes to see.

And how will humanity’s future awakening come about?
The teaching above indicates that it will come “by an improvement of sensual enjoyment...”

Our doors of perception will also be cleansed by return to body and nature, heaven and earth.

But this isn’t the same as thoughtless sensual pleasure-seeking − our world loves sensual enjoyment today, but gains little spiritual awakening from it. Wars and injustice are still here.

The important word is “improvement” − what is ‘improved’ sensual enjoyment?

Most likely, it means sensual pleasure set in a spiritual context, ‘improved’ by greater awareness.

Sensual enjoyment based on true harmlessness (Sanskrit: “ahimsa,” considered the highest yoga).
Based on honest communication, community care, serious self-responsibility and respect for all.

At the end of “Dead Man,” William Blake and Nobody return to the source, both heaven-bound.
This world of grime, deceit, and violence is no longer for them − at last they are totally freed.

At the end of the movie “Syriana,” the final words of a young Pakistani jihadi repeats the point:

“the next world is the true life, the next world is the true life.”

Yes, it is true − but again, our vision of reality/creation is limited by the doors of perception.

Those who fully purify heart-mind and complete their return to the infinite holy world, here −
These are the great heroes among us, silent and invisible, radiant suns supporting all in light.


Scott Mandelker
San Francisco, CA

May 13, 2008



Copyright www.scottmandelker.com, 2008
all rights reserved

. . .


spacer
aaa